蔵 元 概 要






裏門から70歩で太平洋、こんな海近くで、「大観」造ってます!


創業

 日立市の中心部から車で約20分、日立市北部の海岸・港町である川尻町に森島酒造はあります。潮の香りと波音が聞こえ、太平洋までは裏門からなんと70歩(直線距離で30m)。2も掘ると砂地が現れるのですが、更に掘り進めますと、阿武隈山地南端の山々からの、日本酒に最適な伏流水にぶつかります。この適度な鉱物質を含む硬質な天然水を、敷地内より汲み上げ、丁寧にそしてじっくりと仕込まれた銘酒が「大観」。

母屋
 浜風の香る風土の中、年間を通して著しい気温の変化は少なく、製造・貯蔵には大変適しています。「こんな海近くにある造り酒屋は、全国的にも大変珍しいだろうという当地で、明治2年(1869年)に創業致しました。
ひたち錦 純米吟醸

沿革

大谷石造り
仕込蔵
 昭和20年の第2次世界大戦で当地もその戦災から逃れることができず、蔵や家屋を焼失しました。物資不足の中、幸い建材の大谷石を入手することができ、翌年には石造りの酒蔵を建造し、酒造りを再開致しました
すぐ裏の川尻海岸

 終戦後の混乱の中、地元の街復興に力を注いだ四代目・浩一郎は、親交を深めていた水戸市出身である近代日本画の巨匠・横山大観先生の元を訪ねました。大観先生といえば「日本酒」といわれるほどの大酒豪家。近代日本美術の生みの親である岡倉天心先生の指導のもと、北茨城の五浦に移り住み、画作に励んだ時代がありました。その頃から私達の酒を愛飲して頂いており、酒の旨さと浩一郎の街への尽力を讃え、自らの雅号「大観」を下さいました。こうして、現在まで続く森島酒造の銘柄「大観」は生まれました。昭和28年のことです。
 そして、その2年後の昭和30年には、難関とされていた全国新酒鑑評会において、初めて「金賞」を受賞することができました。
大観と富士山のラベル
大観直筆と富士山…佳撰1.8Lラベル

こだわり

米の手洗い
丁寧に手で米を洗う
伝統の自然袋しぼり
時間をかけてじっくり行う袋しぼり
雫酒を斗瓶へ
袋しぼりから滴る雫酒

 近年の技術革新により、機械化・簡素化された中にも、どうしても人間の力でしか補えない部分が酒造りにはあります。判断や勘そしてひらめき、こうしたものを大切に、弊社ではあえて手造り・手作業にこだわりを持ち続け、製造可能な数量を丁寧に醸し出しています。それは赤子を育てる思いで励んでいます。
 その甲斐あって、平成25、26年は全国新酒鑑評会で「金賞」を連続受賞、平成27年は「入賞」を受賞しました。平成28年には全国新酒鑑評会で「金賞」、IWC(インターナショナルワインチャレンジ)で茨城トロフィー(金メダル)を受賞しました。そして平成29年には関東信越国税局酒類鑑評会で「優秀賞」を2部門で受賞、平成30年は全国新酒鑑評会で「入賞」を受賞しました。
美山錦 純米酒  また弊社社長の「地元で作った酒米で酒を仕込む。こだわりの地酒を造りたい」という考えにご賛同を頂き、平成14年3月から蔵元に近い高萩市の熱心な農家と契約して質の良い酒米を作って頂いています。それに伴い「大観 美山錦 純米酒」「大観 本醸造 紫ラベル」が商品化の運びとなりました。

    
              大観を楽しむ会
本醸造 紫ラベル


蔵元までの地図

・常磐自動車道 日立北I.C.より国道6号線下り(北茨城)方面へ車で約7分
・JR常磐線 十王駅より車で約10分


森島酒造株式会社
〒319-1411 茨城県日立市川尻町1-17-7
TEL 0294-43-5334 FAX 0294-43-5335

未成年者の飲酒は法律で禁止されていますので、未成年者には販売できません。
飲酒は20歳になってから。お酒はおいしく適量を。
妊娠中や授乳期の飲酒はお控え下さい。飲酒運転は法律で禁止されております。